「シンパシー」とは?意味や使い方を解説!

「シンパシー」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「シンパシー」について解説します。

目次

  1. シンパシー
  2. シンパシーの意味とは
  3. シンパシーの使い方・例文

シンパシー

シンパシー」という言葉について解説します。

シンパシーを感じる。シンパシーを覚える。などと使われるこの言葉、一度は聞いたことがあるかと思います。

日常生活で何気なく見聞きする言葉ですが、シンパシーという言葉の意味をちゃんと把握している方はどの位いらっしゃるでしょうか。

ここではそんなシンパシーという言葉の意味を、英語、類語を通して紹介していきますので、ぜひご覧になってみてください。

シンパシーの意味とは

シンパシーとは「共感・共鳴」「同情」という意味があります。

英語ではsympathyと表し、「憐み、同情」という意味合いで使われることが多いですが、日本語の中で使われる時はどちらかというと「共感」の意味で使われることが多いと思います。

「あなたにシンパシーを覚える」と言われた場合に、英語と日本語ではリアクションが違うかもしれません。

>

シンパシーの類語

シンパシーの類語として

  • 同感
  • 同調
  • 理解

などがあります。

英語の類語としてはempathy(エンパシー)というのがありますが、あまりカタカナ語としては使わないかもしれません。

また、意味も「感情移入」となり、同情に近い意味で使われる言葉となっています。

やはり、英語と日本語とではシンパシーの使われ方に少し差があると言えそうです。

シンパシーの使い方・例文

  1. 彼の境遇になぜかシンパシーを感じる。
  2. 良くないことだと思いつつも、ふいにシンパシーをおぼえてしまった。
  3. 仲良くなかったが、共通の趣味があると知りシンパシーを感じた。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ