ビジョンとは?意味や使い方を解説

「ビジョンが見えない」「会社のビジョン」などビジョンという言葉は社会の中で使われる事が多いです。このビジョンの意味や使い方について解説します。

目次

  1. ビジョン
  2. ビジョンの意味とは?
  3. ビジョンを使った例文・使い方

ビジョン

みなさんは「ビジョン」という言葉の意味をご存知でしょうか?

就職活動をしている方は企業のホームページで「会社のビジョン」のようなページをよく見ているかと思います。このビジョンという言葉の意味について今回解説していきます。

ビジョンの意味とは?

英語のvision(読み方:ビジョン/ヴィジョン)のことです。そのまま訳すと「将来の見通し」「幻想」「視覚」などとなりますが、まとめるとビジョンの意味は大きく分けて2つです。

将来の構想や未来像の意味

ビジョンの1つ目の意味は「将来の構想や未来像」の意味となります。「会社のビジョン」という場合はこちらの意味となります。

会社が将来どういうことを構想しているのか、どういう未来を目指していくのか、どういう目標を立てるのかという事を意味して会社のビジョンとなります。

視覚による映像または視力

ビジョンのもう一つの意味や「視覚による映像または視力」となります。テレビなどの大画面のビジョンはこちらの意味となります。

ビジョンを使った例文・使い方

2つの意味に分けたそれぞれで例文・使い方をご紹介していきます。

将来の構想や未来像の意味

  • この人は将来のビジョンが見えない
  • この会社のビジョンはすばらしい

視覚による映像または視力

  • このテレビの大画面のビジョンはとても見やすい
  • ビジョンサロン

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ