「パラノイア」とは?意味や使い方を解説!

「パラノイア」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「パラノイア」について解説します。

目次

  1. パラノイア
  2. パラノイアの意味とは
  3. パラノイアを使った文章・例文

パラノイア

皆さんは、「パラノイア」という言葉をご存知でしょうか。
最近流行の「TRPG(テーブルトークRPG)」でも同じタイトルのものがありますが、意味を知らない人がほとんどだと思います。

この記事では、「パラノイア」の意味を解説させていただきます。

パラノイアの意味とは

「パラノイア」とは、「妄想を終始持ち続ける精神病」のことを言います。
妄想の内容として、恋愛や被害的なもの、誇大的なものが多いです。
日本語では「偏執病(へんしゅうびょう)」と呼ばれます。
「妄想性パーソナリティ障害」や「妄想型統合失調症」という名称もあります。
精神病なので、治療に長い期間を要します。

「パラノイア(偏執病)」の原因として、不安や恐怖の影響が挙げられます。
「他人に常に批判されている」という被害的な妄想や、
「自分が特別な人間だ」という妄想、
「自分は愛されている」という恋愛的な妄想症状があります。
他にも、激しい攻撃性や強いナルシシズム(自己愛)などの症状がありますが、それらの妄想に取りつかれているという点以外は一般的な人と同じ能力を持っています。

パラノイアを使った文章・例文

ここで、「パラノイア」を使った例文をご紹介します。

1.最近、あの子の被害妄想が激しくなっている。このままではパラノイアの診断が出るかも知れない。
2.TRPGは好きだけど、パラノイアはやったことが無いから、いつか友達を集めてプレイしてみたい。
3.普通に働いている人だと思ったけど、どうやらパラノイアという病気を抱えているらしい。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ