「リノベーション」とは?意味やリフォームとの違いを解説!

「リノベーション」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「リノベーション」の意味やリフォームとの違いについて解説します。

目次

  1. リノベーション
  2. リノベーション(renovation)の意味とは
  3. リノベーションのリフォームの違い
  4. リノベーションの使い方・例文

リノベーション

リノベーション」という言葉について解説します。

日常では企業CMの標語などで、ビジネスシーンでもしばしば見聞きされる言葉だと思います。

当たり前のように「リノベーションする」と使われていますが、みなさんはこのカタカナ語の意味を正確に把握しているでしょうか。

ここでは、リノベーションの意味や使い方、リフォームとの違いなどを紹介していきます。

いざ意味を聞かれた時に変な間ができないようにするためにも、ぜひ最後までご覧になって整理してみてください。

リノベーション(renovation)の意味とは

元の英語renovationは「刷新」「修復」という意味を持つ言葉です。

その意味合いから転じて

リノベーションとは「再開発」「新しい価値を付加させたシステムの再構築」という意味で使われています。

現在では企業革新、製品革新、業務革新、都市開発などあらゆる場面で用いられる言葉ですが、

建築用語、不動産関連用語としても知られています。

建築用語としてのリノベーションは「建物の改修や、設備追加などをして新しい価値を追加する」という意味になります。

>

リノベーションのリフォームの違い

建築用語としてリノベーションと並んで出てくるのが「リフォーム」という言葉です。

混同しがちな言葉だと思うので違いを紹介します。
 

  • リノベーション 改修や設備を追加するなどして以前よりも新築時よりも性能を上げること
 
  • リフォーム 改修して新築時のような状態に戻すこと

それぞれこのような意味になっています。

並べて見てみるとその違いははっきりしてくるのではないでしょうか。

ちなみに、性能アップというメリットはありますが、リノベーションにはデメリットもあります。

代表的なデメリットとして、時間と費用が多くかかること、売る際にマイナス評価になるかもしれないことなどがあるようです。

リノベーションの使い方・例文

  • オリンピックに向けて街全体をリノベーションしていく必要がある。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ