「マニフェスト」とは?意味や使い方を解説

「マニフェスト」という言葉を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?この記事では「マニフェスト」の意味や使い方を解説していきます。またマニフェストの起源についてもご紹介していきます。

目次

  1. マニフェスト
  2. マニフェストの意味
  3. マニフェストの起源
  4. マニフェストの文例・使い方

マニフェスト

マニフェスト」という言葉の意味について解説します。

選挙においてよく聞くのが、このマニフェストという言葉です。横文字なので、言葉だけを見ても意味が分からない人も多いのではないでしょうか。もしマニフェストの意味をご存知ないようでしたら、この機会にぜひ知ってみましょう。

マニフェストの意味

マニフェストの意味は「個人・団体が方針や意図を多数の者に向かって知らせるための文書や演説」「声明文・宣言書」それが転じた「選挙において、政党が公約に掲げる要目を発表する案内書・選挙公約」となります。

日本でよく聞くマニフェストは、選挙公約として用いられている場合がほとんどです。わかりやすく説明すると、「私たちが政権を取れたら、国民のみなさんのためにこういうことをします」といった約束ですね。政権を握った政党は、このマニフェストを守る義務があります。

また選挙に関連したものではありませんが、産業廃棄物の適正な処理を推進するための「マニフェスト制度」というものもあり、産業廃棄物を排出した事業者が処理を担当した業者からマニフェストを受け取ることで、委託した内容どおりに産業廃棄物が処理されたかを確認することができます。このマニフェストは5年の保管期間が設けられています。

マニフェストの起源

マニフェストの語源に関しては、ラテン語の「手(manus)」と「打つ(fendere)」が合わさり、「手で打つ」→「はっきりと示す」と派生したとする説が有力です。そして1835のイギリス総選挙において、保守党党首・首相サー・ロバート・ピール准男爵がタムワース選挙区民に向けて選挙公約として使われたのが初めてです。

マニフェストの文例・使い方

  1. この党は毎回スケールの大きいマニフェストを出してくる。
  2. あのマニフェストは評価するに値するのではないだろうか。


人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ