「インスピレーション」とは?意味や使い方を解説!

「インスピレーション」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「インスピレーション」について解説します。

目次

  1. インスピレーション
  2. インスピレーション(inspiration)の意味とは
  3. インスピレーションを使った文章・例文

インスピレーション

インスピレーション」という言葉について解説します。

「もっとインスピレーションを大切に」といった感じで、みなさんも日常の中でよく見聞きする言葉だと思います。

カタカナ語として定着した感のあるこの言葉ですので、意味や使い方をなんとなくのままにしておくのではなく、

ここで一度きちんと整理してみてはいかかでしょうか。

あまり乱発すると引かれてしまうかもしれませんが、自然と使いこなせるようにしてみましょう。

インスピレーション(inspiration)の意味とは

>

インスピレーション(inspiration)とは「創作、思考の過程で瞬間的に浮かぶ考え」「ひらめき」「霊感」という意味の言葉です。

元はラテン語で「息を吹き込まれたもの」という意味の言葉で、このことから霊感やひらめきといった意味になりました。

日常で使う場合のインスピレーションは「ひらめき」の意味で使われることが多く、あまり霊感という意味で使うことはないかもしれません。

直感・アイデアとインスピレーションの違い

直感とインスピレーションは似た意味の言葉だと認識している方も多いかもしれませんが、この二つには少し違いがあります。

分かりやすく説明すると、直感は「理性ではなく自分の感覚的にただちにとらえるもの」で、インスピレーションは「別のところから降ってくるようなひらめき」となります。

内にあるものが元になっているのが直感、外から入ってくるのがインスピレーションと分けられそうです。

同じような意味の言葉として「アイデア」がありますが、この意味は「心に描く発想」なので自分の中で考えたものを形にしたものです。

やはりインスピレーションとは出所が違うという差があります。

インスピレーションを使った文章・例文

  • クラシックを聴くとインスピレーションが刺激される
  • この場所は私にインスピレーションを与えてくれる

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ