「ジゴロ」とは?意味や使い方を解説!

「ジゴロ」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ジゴロ」について解説します。

目次

  1. ジゴロ
  2. ジゴロの意味とは
  3. ジゴロの使い方・例文

ジゴロ

ジゴロ(gigolo)」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「ジゴロ」という言葉は、もともとはフランス語ですが、日本でも使われることがあります。

抽象的な意味を持っているので、なんとなくこんな意味だろうと想像して使っている方も多いかと思います。

今回は、似た言葉のヒモとの違いについても詳しく解説するので、この機会にしっかりと理解していきましょう。

ジゴロの意味とは

ジゴロ(gigolo)とは、「女性からお金を得て生きている男性。また、女性からお金を巻き上げて生活している男性。女性にたかる男性。女性から援助を得ている男性。」といった意味になります。

日本語に置き変えると、「ヒモ」や「男妾」、「男娼」、「つばめ」、「スケコマシ」などが当てはまります。

この「ジゴロ」という言葉は、もともとはフランス語の言葉や概念でしたが、日本のほかさまざまな国で流用されるようになりました。

また、ある辞書の中には「洗練された若者。どのように生活しているのか不明な者。」との解説もあります。

日本語のヒモとジゴロの違いは、この「洗練された」という部分にあります。

ヒモが単に、女性を働かせて貢がせているというイメージが強い点に対し、ジゴロは女性が貢ぎたくなるような洗練された魅力的な部分があるという特徴があります。

ちなみに、ジゴロは男性に対して使われる言葉ですが、女性に対しては「ジゴレット」という言葉が使われます。

日本においてジゴレットと呼ばれるのは、主にクラブやキャバクラで働いている女性になります。

ジゴロの使い方・例文

  1. ジゴロな男と呼ばれる人の特徴には、洗練されたルックスが挙げられる。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ