「サーバント」とは?意味や使い方を解説!

「サーバント」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「サーバント」について解説します。

目次

  1. サーバント
  2. サーバントの意味とは
  3. サーバントの使い方・例文

サーバント

皆さんは、「サーバント(servent)」という言葉をご存知でしょうか。

「サーヴァント」と表記することもあります。
コンピューター用語の一つなので、そちらの意味を連想する方もいらっしゃると思います。

この記事では、「サーバント」の意味を解説させていただきます。

サーバントの意味とは

>

「サーバント」とは、「召使い」「使用人」という意味の英単語です。

スペルは「servent」で、「サーヴァント」と発音したり表記することもあります。
特にビジネスにおいて、部下を支えるリーダーのことをサーバントリーダーと呼びます。

サーバントリーダーの特徴ですが、部下を一人でまとめる支配型リーダーとは真逆で、部下を支えチームに奉仕するリーダーという考え方です。

一般的な組織に比べ、サーバントリーダーが居る組織では部下が発言しやすくなりコミュニケーションも円滑に進みます。その結果、やるべきことや目的がチームメンバー全員に共有できます。

また、メンバーも「命令されている」という意識ではなく、自身の「課題」としてプロジェクトに向き合うことができるので、支配型リーダーよりもサーバントリーダーが居る組織の方が仕事へのモチベーションが高い傾向にあります。

また、最近流行の「fate」というゲームでも、ユニットのことをサーバントと呼びます。

サーバントの使い方・例文

ここで、「サーバント」を使った例文をご紹介します。

1.サーバントリーダーのお陰で、今月の売り上げはいつもより高くなりそうだ。
2.昨日fateに追加されたサーヴァント、見た?

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ