「コンセントレーション」とは?意味や使い方を解説!

「コンセントレーション」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「コンセントレーション」について解説します。

目次

  1. コンセントレーション
  2. コンセントレーションの意味とは
  3. コンセントレーションを使った文章・例文

コンセントレーション

皆さんは、「コンセントレーション(concentration)」という言葉をご存知でしょうか。
スポーツ界隈でよく使われる言葉なので、スポーツが好きな方ならば聞いたこともあると思います。

この記事では、「コンセントレーション」の意味を解説させていただきます。

コンセントレーションの意味とは

「コンセントレーション(concentration)」とは、「精神を集中する」という意味です。元々は「中心に集める」「集結する」という意味でしたが、今では「集中力を高める」ことをコンセントレーションと呼びます。
使い方としては、「集中力を高める」を「コンセントレーションを高める」というような使い方をします。
特にスポーツ界隈では「精神集中」をコンセントレーションと呼ぶ傾向が強いです。
会社によっては、業務に深く集中して取り組めるように仕切られた「コンセントレーションブース」という場所を設けている場合もあります。

他にも「濃縮」という意味もありますが、こちらの意味で使うことはほとんどありません。

>

コンセントレーションを使った文章・例文

ここで、「コンセントレーション(concentration)」を使った例文をご紹介します。

1.コンセントレーションを高めて仕事をすれば、もっと結果が良くなるはずだ。
2.この業務は非常に大きなプロジェクトなので、コンセントレーションブースでしっかりと取り組みたい。
3.あまり面白くない仕事だが、コンセントレーションを高めて、できる限りのことをしようと思う。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ