「ブラックジョーク」とは?意味や使い方を解説!

「ブラックジョーク」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ブラックジョーク」について解説します。

目次

  1. ブラックジョーク
  2. ブラックジョークの意味とは
  3. ブラックジョークを使った文章・例文

ブラックジョーク

ブラックジョーク」という言葉について解説します。

このブラックジョークという言葉は、みなさんもよく見聞きする言葉の一つだと思います。

ブラックジョーク自体については、好き嫌いが分かれるところではあると思いますが、どのようなもののことを指しているのか具体的に整理できている方は少ないかもしれません。

もしかすると、悪口とブラックジョークがごちゃごちゃになっているという場合などもありえるので、

ここでは、ブラックジョークについて整理しながらきちんと把握してみましょう。

ブラックジョークの意味とは

ブラックジョークとは「倫理的に避けられるタブーについての風刺描写や、ネガティブ・グロテスクな内容を含んだジョーク・コメディ・ユーモア」を指す言葉となっています。

英語圏では語源の「Black humor(ブラックユーモア)」を初め、「Black comedy(ブラックコメディ)」「Dark comedy(ダークコメディ)」と呼ばれますが、意味的に大きな違いはありません。

日本でもブラックユーモア(Black humor)とブラックジョーク(Black joke)に差がないのと一緒といえます。

倫理的にタブーとされているものとしては、生死、差別、偏見、政治などが代表的な例となっています。

>

ブラックジョークの注意点

風刺性が大切だとされるブラックジョークですが、タブーに触れるという点においてデリケートなジョークといえます。

手痛い失敗となってしまう場合もあるので、ブラックジョークを言う際は、場所と人に注意するようにしましょう。

 

ブラックジョークを使った文章・例文

  • 彼女の言うブラックジョークはブラックなだけでジョークになっていない。
  • イギリスはブラックジョークや皮肉な笑いが好きな国としても知られている。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ