「イデオロギー」とは?意味や使い方を解説!

「イデオロギー」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「イデオロギー」について解説します。

目次

  1. イデオロギー
  2. イデオロギーの意味とは
  3. イデオロギーを使った文章・例文

イデオロギー

皆さんは「イデオロギー(ideology)」という言葉をご存知でしょうか。

政治や社会情勢の話をしていると時折出てくる言葉ですが、意味を正確に理解している人はあまり多くありません。
むしろその定義をめぐって論争が続いているくらい、深い意味を持つ言葉なのです。

今回は「イデオロギー」という言葉について詳しく解説します。

イデオロギーの意味とは

イデオロギーとは「歴史的・社会的に制約された考え方。観念形態。」「思想の傾向。特に政治的、社会的思想」という意味です。
英語では「ideology」と綴ります。

非常に広い意味を持つ言葉で、きちんと言い表す日本語はありません。
大雑把に言うと、政治や道徳、宗教、芸術、経済などのあらゆる分野において、理念や信条を論理的な形態に分類したものだということです。
主に政治・社会分野でよく使われる言葉で、「民主主義」「社会主義」「共産主義」などは全てイデオロギーの一種だということができます。
他にも「男女平等」「人種差別撤廃」など、何らかの大きな命題に対して各人が持つ理念を、具体的なくくりで分類したものをイデオロギーと呼びます。

「イデオロギー」はその解釈についてかなりの論争を生んでいる言葉でもあり、きちんと説明することは大変難しいです。
深く知りたい方は哲学や思想などの専門書を使って、より突っ込んで調べてみることをおすすめします。

>

イデオロギーを使った文章・例文

  1. 自分は、あの人の政治的なイデオロギーとは対立する立場にいる。
  2. 民主主義というイデオロギーは、日本ではもはや当たり前の観念として存在している。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ