「ディベート」とは?意味や使い方を解説!

「ディベート」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ディベート」について解説します。

目次

  1. ディベート
  2. ディベートの意味とは
  3. ディベートを使った文章・例文

ディベート

ディベート(debate)」という言葉は、学校や会社などで使われることも多くなじみのある言葉ですね。論理的思考能力を鍛えるためによく行われています。

「ディベート」はよく使われる言葉ながら、その意味や「ディスカッション」との違いなどは知らない人も多い言葉です。よく使う言葉ですから、正しく意味を理解しておきたいですね。

この記事では「ディベート」の意味や使い方、ディスカッションとの違いなどを解説します。

ディベートの意味とは

「ディベート」は英単語の「debate」が語源で、「ディベート」の意味は「討論」です。

「ディベート」は論理的思考能力の強化のためにも使われる手法で、あらかじめ「賛成」と「反対」など意見が対立している2組が自分の主張を論理的に補強して伝える形式を取ります。

「ディベート」は部活動などで取り入れられていることもあり、最終的にどちらの主張が論理的かどうかなどのポイントで採点して勝ち負けを決定します。

「ディベート」とよく似た意味を持つ言葉が「ディスカッション」です。これも「討論」という意味がありますが、ニュアンスが異なります。

「ディスカッション」は「ディベート」よりもより広い意味で、特に結論が決まっていない雑多な議論なども含まれます。

>

ディベートを使った文章・例文

  1. ディベートとディスカッションはどちらも議論をすることだと勘違いされがちだが、その方法と目的には違いがある。
  2. ディベートに勝つためには、頭をフル回転させる必要がある。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ