「メイクセンス」の意味とは?意味や使い方を解説!

「メイクセンス」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「メイクセンス」について解説します。

目次

  1. メイクセンス
  2. メイクセンスの意味とは
  3. メイクセンスを使った文章・例

メイクセンス

皆さんは「メイクセンス」という言葉をご存知でしょうか。

英語圏の人々がよく使う言葉ですが、日本語のカタカナ語としてのなじみは薄いかもしれません。

今回は「メイクセンス」という言葉について詳しく解説します。

メイクセンスの意味とは

メイクセンスとは「理解できる。納得する。腑に落ちる。」という意味です。

英語の「make sence」をカタカナ読みした言葉です。
日本語における「なるほど」「確かに」と同じ使い方で、「That makes sence.」と慣用句的によく言われています。
逆に、「理解できない」「納得できない」と言う時は、一般的な否定形「don’t make sence」の他に「make no sence」という形になることもあります。

また「それを理解できる?」と疑問形になる時は「make sence?」とシンプルに問いかけるだけで成立します。
「分かりますか?」という問いかけを直訳すると「Do you understand?」となりますが、これはネイティブスピーカーから見るときつい印象を与える言い回しのようです。
「make sence?」を使った方が相手の心理的負担が和らぐので、覚えておくといいでしょう。

主語は「It」「That」などの他に、人物になることもあります。
「You don't make sence.」で「あなたが何を言っているのか理解できない」という意味になります。

>

メイクセンスを使った文章・例

  1. この文章ならば十分にメイクセンスしている。
  2. ベテランの職員に説明してもらって、ようやくメイクセンスできた。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ