「オンスケ」の意味とは?意味や使い方を解説!

「オンスケ」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「オンスケ」について解説します。

目次

  1. オンスケ
  2. オンスケの意味とは
  3. オンスケを使った文章・例

オンスケ

皆さんは「オンスケ」という言葉をご存知でしょうか。

ビジネスの現場でよく使われますが、フランクなイメージを持つ言葉でもあります。

今回は「オンスケ」という言葉について詳しく解説します。

オンスケの意味とは

>

オンスケとは「作業や計画などが、予定通りに進んでいるということ」という意味です。

英語の「on schedule」をカタカナ読み表記にした「オンスケジュール」の略です。

文脈によって、工程が期限までに間に合いそう、トラブルなく順調に進んでいるなどのような様々なニュアンスがあります。

使い方としては、事前に決めた計画通りに物事が進んでいる時に「オンスケです」と報告する、というものです。
逆に、進捗通りに進行しているか尋ねる場合は「それはオンスケですか?」と尋ねたりします。

「オンスケ」は「オンスケジュール」というカタカナ語の略称なので、聞き手に対して非常にフランクな印象を与える言葉です。
同僚などとの間で進捗の確認として使うならば問題はありませんが、上司や取引先など敬語を使う相手に対して使うのはあまり感心されません。
相手との関係性にもよりますが、かしこまった場で使うのは避けるべきだと思われます。

同じような種類の言葉に「リスケ」があり、こちらは「リスケジュール」の略です。
意味は「計画を再調整すること」であり、厳密には「オンスケ」の対義語ではありません。

オンスケを使った文章・例

  1. こちらの案件は、無事にオンスケで進行しています。
  2. 予定外の出来事が重なり、オンスケで進めるには厳しくなってきた。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ