「大食漢」とは?意味や使い方を解説!

「大食漢」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「大食漢」について解説します。

目次

  1. 大食漢
  2. 大食漢の意味とは
  3. 大食漢を使った文章・例文

大食漢

大食漢」という言葉の意味や読み方、使い方について解説します。

読み方は「たいしょくかん」となります。

この「大食漢」という言葉は、一般的に男性に対して使用されます。

女性に対しては使用しないので、注意が必要です。

よく「彼は、大食漢でご飯を何杯もおかわりしていた。」といった使い方をします。

一般的に使われる言葉で、耳馴染みのある方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな「大食漢」について詳しく解説します。

大食漢の意味とは

大食漢(たいしょくかん)とは「大食いな人。健啖(けんたん)家。おおぐらい。」という意味になります。

使い方としては「大食漢の彼は、一度の食事で3人前食べる。」といった表現になります。

また、似た言葉の「大食い」が、暴食としてネガティブなイメージで使用されることが多いことに対し、「大食漢」は、「たくさん食べることができて男らしい。好ましい。」といったポジティブなイメージで使用されることが多いです。

加えて、通常、この大食漢という言葉は、男性に対して使用されます。

「大食漢」の言葉の中にある「漢」という漢字は、「男子、男」という意味を持つので、合わせて覚えておくと良いでしょう。

女性に対しては、一般的に使わない表現なので気を付けたいところです。

>

大食漢を使った文章・例文

  1. 大食漢の彼は、社員食堂でいつも3人前食べているので、周りの社員が驚いている。
  2. 私の彼は大食漢なので、お弁当を作る際にはご飯を2合分詰めている。
  3. 僕は胃腸が弱いので、大食漢の人に憧れる。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ