「出家」とは?意味や使い方を解説

「出家」という言葉を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?この記事では「出家」の意味や使い方・例文を解説していきます。

目次

  1. 出家
  2. 出家の意味
  3. 出家の例文・使い方

出家

出家(しゅっけ)」という言葉の意味について解説します。

子どもの頃や学生時代に、悪いことをして親・先生に「出家して坊主になってこい」なんて言われたことはありませんか?坊主といえばお寺のお坊さんというイメージがすぐに思い浮かびますが、出家と言われてもいまいちどういう事なのか分からない人も多かったのではないでしょうか。もし出家の意味をご存知でなければ、この機会に意味を知ってみましょう。

出家の意味

出家の意味は「世俗の生活を捨て、僧となって仏道を修行すること」となります。

一般人としての生活を全て捨てて、一人の僧となって仏教に生きるのが出家です。出家すると世間から離れるだけではなく、僧になるためには想像を絶するような修行が待っているので、昔から悪いことをした子供を叱るときに脅しとして「出家させる」などと言われてきたわけですね。出家者の男性のことは「比丘(びく)」、女性は「比丘尼(びくに)」と呼ばれます。

ちなみに、出家して僧になると結婚してはいけないというイメージがありますが、日本においては法律で僧の結婚が認められています。また、日本の宗教は神道と仏教が半々で、法要や寄付から経費を取り除いたものが給料として振り込まれます。このあたりはサラリーマンとあまり変わらないですね。

在家

出家の意味は上記で説明しましたが、「在家」という言葉もあります。こちらは仏教において、出家せず、世俗を捨てずに一般人としての生活を営みながら仏道に帰依する者のことを指します。

出家の例文・使い方

  • 頭を丸刈りにしたら、知り合い皆に「出家するのか」と尋ねられた。
  • あのお坊さんは出家者だが、珍しいことに剃髪していない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ