「一張羅」とは?意味や使い方を解説!

「一張羅」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「一張羅」について解説します。

目次

  1. 一張羅
  2. 一張羅の意味とは
  3. 一張羅を使った文章・例文

一張羅

一張羅」という言葉の意味や語源、使い方について解説します。

この「一張羅」という言葉は、晴れ着などの特別な服装をする際に使用されることが多いです。

また、上等な服装をする際にも使うことがあります。

一般的に使われる言葉なので、耳馴染みのある方も多いのではないでしょうか。

実は、この「一張羅」という言葉は、「ろうそく」が語源です。

一見、結び付かないような2つの言葉ですが、どんな語源があるのでしょうか。

今回は、「一張羅」について詳しく解説します。

 

一張羅の意味とは

一張羅という言葉の意味は大きく分けて2つあります。

まず、1つ目の意味は「持っている衣服の中で一番良いもの。上等なもの。晴れ着。」となります。

使い方としては、「今日は、好きな人との食事会なので一張羅を着てきた。」といった表現になります。

そして、2つ目は「1枚しか持っていない貴重な着物。衣服。」という意味になります。

使い方としては「これは一張羅だから譲ることはできない。」といった表現になります。

この「一張羅」という言葉の語源は、「一艇蝋(いっちゃうろう、いっちょうろう)」で、一張羅は、これが訛った言葉となります。

一艇蝋とは、1本しかない蝋燭(ろうそく)という意味で、蝋燭がまだ高価だった時代に誕生した言葉になります。

ちなみに、今でも「一張羅」のことを「一艇蝋」という地域があります。
 

>

一張羅を使った文章・例文

  1. 今日は、20年ぶりに中学校の同窓会なので、一張羅の真っ赤なワンピースを着て来た。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ