「嘲笑」とは?意味や使い方を解説!

「嘲笑」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「嘲笑」について解説します。

目次

  1. 嘲笑
  2. 嘲笑の意味とは
  3. 嘲笑を使った文章・例文

嘲笑

嘲笑(ちょうしょう)」という言葉をご存知でしょうか?

漢字を見て分かる通り「笑顔」の一種ではありますが、はたしてどんな「笑い」なのでしょう。

今回は「嘲笑」について解説します。

嘲笑の意味とは

>

「嘲笑(ちょうしょう)」とは、「相手を見下したり馬鹿にしたりした笑い」のこと。

「嘲笑う」と書いて「あざわらう」とも言います。

「嘲笑」は音読み、「嘲笑う」は訓読みで意味は全く同じです。

嘲笑を買うとは

「嘲笑を買う」という表現がありますが、この「買う」は、売買のことではなく、「自分がしたことが元になって、好ましくないことを招く」という意味で使われています。

「反感を買う」とか「恨みを買う」などと云った場合の「買う」と同じ意味です。

相手を見下す、馬鹿にする笑いの種類

嘲笑のような、「相手を見下す、馬鹿にする笑い」の種類を以下に挙げます。

・冷笑(れいしょう)
 【意味】相手をさげすみ、見下した笑い
 【例文】事業に失敗し落ちぶれた元上司を一瞥し、彼は冷笑を浮かべた。
・嘲謔(ちょうぎゃく)
 【意味】嘲り笑うこと。「謔」とはふざけるの意。
 【例文】私を嘲謔する男の顔が、今でも頭にこびりついて離れない。
・せせら笑う
 【意味】馬鹿にして笑うこと
 【例文】失敗をせせら笑う彼女の顔は、醜く歪んで見えた。
・鼻で笑う
 【意味】小ばかにした笑いのこと。
 【例文】「これだからお前はダメなんだよ」そう言って男は鼻で笑った。

嘲笑を使った文章・例文

1.自分は嘲笑されるようなことは一切していないと思うなら、堂々としているがいい。
2.人を嘲笑するような人間は、結局のところ器が小さいのだ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ