「ライトニングトーク」とは?意味を解説します!

「ライトニングトーク」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ライトニングトーク」について解説します。

目次

  1. ライトニングトーク
  2. ライトニングトークの意味とは

ライトニングトーク

皆さんは、「ライトニングトーク(lightning talk)」という言葉をご存知でしょうか。

イベントやカンファレンス、プレゼンテーションの場で使われる言葉なので、人前で話す機会の多い方であれば聞いたことのある方も多いと思います。

この記事では、「ライトニングトーク」の意味を解説させていただきます。

ライトニングトークの意味とは

>

「ライトニングトーク(lightning talk)」とは、「5分程度の短いプレゼンテーション」のことを言います。ビジネスの場などでは省略して「LT」と呼ぶこともあります。

ライトニングトークの目的は、5分間と言う短い時間のスピーチをすることで、発表者は気負わず、聞き手は様々な話が聴けるという技術的なつながりやコミュニケーションです。

イベント等の場で短時間で目的や技術を交えながら挨拶をするのも、ライトニングトークの一つです。
イベントなどで人前で話す機会のある人であれば、ライトニングトークという形式でも様々なことを話せるようになります。

技術的なプレゼン以外でも、近況報告などのコミュニケーションの一環としてライトニングトークを行っている企業もあります。

人前で話す機会を与えておくことで、他のプレゼンやイベントなどでも失敗せず話せるようになることが期待されています。

大型のプレゼンとは違い短い時間なので、日頃からプレゼンなどをしていない方でも話しやすく、コミュニケーションにもつなげやすいのがライトニングトークの大きな魅力です。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ