「放送事故」とは?意味や使い方を解説!

「放送事故」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「放送事故」について解説します。

目次

  1. 放送事故
  2. 放送事故の意味とは
  3. 放送事故を使った文章・例文

放送事故

皆さんは、「放送事故(ほうそうじこ)」という言葉をご存知でしょうか。
日常会話ではあまり使われませんが、インターネット上でよく使われる見出しなので、インターネットをよく利用されている方であれば見たことのある方も多いと思います。

この記事では、「放送事故」の意味を解説させていただきます。

放送事故の意味とは

「放送事故(ほうそうじこ)」とは、「放送において、機材の不具合や操作ミスにより正常な放送が行えなかったこと」や「ラジオや生放送において、予定されていない発言や機材の不具合により正常な放送がされなかったこと」を言います。
例えば出演者が不適切な発言をしてしまった場合、通常のテレビ番組であればその部分を編集して放送することができます。しかし、ラジオや生放送番組においてはその編集ができず、不適切な言葉がそのまま放送されてしまいます。これを放送事故と呼びます。
他にも機材の不具合や操作ミスによって、本来の放送時間中に予定されていない映像が差し込まれたり、出演者の発言と映像が合わないなど、正常な放送ができていないことがあります。これも代表的な放送事故の例です。
最近では出演者の顔がブサイクに映ってしまった場合などに対して放送事故と揶揄することもありますが、この使い方は間違いです。

>

放送事故を使った文章・例文

ここで、「放送事故(ほうそうじこ)」を使った例文をご紹介します。

1.放送事故によりアナウンサーの顔の上に字幕が表示された。
2.機材の不具合により放送事故が起こり、しばらくクレームの電話が絶えなかった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ