「釈迦に説法」とは?意味や使い方を解説!

「釈迦に説法」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「釈迦に説法」について解説します。

目次

  1. 釈迦に説法
  2. 釈迦に説法の意味とは
  3. 釈迦に説法を使った文章・例文

釈迦に説法

釈迦に説法」ということわざは、聞く機会の多いことわざです。その道のプロに対してわかったような顔をして話している人を見ると使いたくなりますね。

「釈迦に説法」は使われる機会の多いことわざながら、その語源や使い方は意外に知られていません。この機会に知って正しく使ってくださいね。

この記事では、「釈迦に説法」の意味や使い方などを解説します。
 

釈迦に説法の意味とは

「釈迦に説法」は「ある分野を知り尽くしている人に対してそのことを説く行いの愚かさのたとえ」です。

仏教を始めた本人であるお釈迦様に対して、仏教の教えを説くことは愚かな行為ですね。そこから転じて、同様にある分野で一流の人や詳しい人に対して、知ったような顔をして説くことの愚かしさを表現したことわざです。

なお、愚かしい行為自体を批判して使われることもあれば、相手を立てるために使われることもあります。
後者の例では、「法律の専門家の君には釈迦に説法かもしれないが、会社の決まりだから研修には出てくれよ」などと、相手の専門性に理解を示す意味で使うこともできます。

なお、「馬の耳に念仏」のように、説法しても意味が無いということを表すわけではありません。
 

>

釈迦に説法を使った文章・例文

  1. 実はプロサッカー選手として活躍していた彼にリフティングのやり方を教えるとは、釈迦に説法もいいところだ。
  2. 将棋4段の彼に飛車の使い方について講釈をたれるとは、お釈迦様に説法するようなものだよ。
  3. 釈迦に説法のような状態は本当に恥ずかしいので、相手がどの程度の力量を持ち合わせているのか見極めるのが大事だ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ