「正直者が馬鹿を見る」とは?意味や使い方を解説!

「正直者が馬鹿を見る」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「正直者が馬鹿を見る」について解説します。

目次

  1. 正直者が馬鹿を見る
  2. 正直者が馬鹿を見るの意味とは
  3. 正直者が馬鹿を見るを使った文章・例文

正直者が馬鹿を見る

正直者が馬鹿を見る」という言葉について解説します。

実生活ではあまり耳にすることは少ないかもしれませんが、ドラマや映画などではたびたび出てくる言葉だと思います。

おおよその意味はみなさんも把握しているとは思いますが、ここでは「正直者が馬鹿を見る」という言葉のしっかりとした意味や使い方を紹介していきます。

整理しながらぜひ最後までごらんいただき、きちんとこの言葉について押さえてみてください。

正直者が馬鹿を見るの意味とは

正直者が馬鹿を見るとは「ずる賢い者は上手く立ち回って得をするが、正直者は律義に規則を守るために、かえって損することが多い。世の中が乱れて正しいことがなかなか通らない」ということを意味する言葉となっています。

意味にもありますが、この言葉はルールも守らず上手く立ち回るずる賢い人が得をして、律義にきちんと正しいことを守っている者が損するという、世の中の矛盾を表した言葉ともいえそうです。

現実には「正直者が馬鹿を見る」状況がけっこうあり、みなさんも経験したことがあるかもしれませんが、ある種の教えを含んだ言葉として覚えてみてはいかがでしょうか。

>

正直者が馬鹿を見るを使った文章・例文

  • 正直者が馬鹿を見るという言葉があるように、なんでもかんでも素直に応じればいいというものではない。
  • 正直者が馬鹿を見るというが、人として恥ずかしいまねをするくらいならそれでかまわない。
  • 正直者が馬鹿を見るような世の中になってしまわないように、正しいことは正しいと言えないといけない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ