「喧しい」とは?意味や使い方を解説!

「喧しい」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「喧しい」について解説します。

目次

  1. 喧しい
  2. 喧しいの意味とは
  3. 喧しいの使い方・例文

喧しい

喧しい(やかましい・かまびすしい)」という言葉の意味や使い方について解説します。

一般的に使用される言葉なので、耳馴染みのある方も多いのではないでしょうか。

「うるさい」という意味合いで使用している方もいるかと思いますが、複数の意味があるため、使い分けには注意したいところです。

詳しく解説するので、この機会に「喧しい」について深く知っていきましょう。
 

喧しいの意味とは

>

喧しい(やかましい・かまびすしい)という言葉の意味は、大きく分けて5つあります。

読み方は「やかましい」「かまびすしい」となります。

まず、1つ目は「声や騒音などで騒がしいこと。うるさい状況で不快であること。」という意味になります。

使い方としては「近所で工事が始まって喧しい。」といった表現が一般的です。

次に、2つ目は「さまざまな人が話題にしていて騒がしい。」という意味になります。

使い方としては「有名人の大きな不祥事が発覚し、世間が喧しい。」といった表現が一般的です。

次に、3つ目は「細々としていて面倒である。また、小言が多くわずらわしい。」という意味になります。

使い方としては、「役所での手続きが複雑で喧しい。」といった表現が一般的です。

次に、4つ目は「厳しい。」という意味になります。

使い方としては「食事のマナーに喧しい人。」といった表現が一般的です。

そして、5つ目は「好みなどが気難しい。」という意味になります。

使い方としては「食べ物の好き嫌いが喧しい。」といった表現が一般的です。

喧しいの使い方・例文

  1. 姑が私の作った料理に対して、小言がたくさん言ってきて喧しい。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ