「ライオット」とは?意味や使い方を解説!

「ライオット」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ライオット」について解説します。

目次

  1. ライオット
  2. ライオット(riot)の意味とは
  3. ライオットを使った文章・例文

ライオット

ライオット」という言葉について解説します。

あまり日常の中で「ライオット」という言葉に出会うことは少ないとは思いますが、ゲームや音楽などのタイトルや歌詞の中では目にすることがある言葉だと思います。

カタカナ語というよりまだ英語に近いニュアンスで使われるこの言葉ですが、みなさんはライオットという言葉の意味や使い方は把握できているでしょうか。

ここではライオットの意味、使い方、類語などを紹介していきますので、ぜひ最後までご覧いただき、しっかりと整理しながら理解してみてください。

ライオット(riot)の意味とは

ライオット(英・riot)とは「騒動」「騒乱」「暴動」といった意味を持つ言葉となります。

文章としても喋り言葉としてもこれらの意味で「ライオット」とわざわざ表記することはほぼありませんし、突然使うと意味が伝わらないかもしれないので、使うとなると注意が必要そうです。

ですが、やはりサブカルチャーの中ではよく登場する言葉なので、意味を押さえておくと良いと思います。

戦闘系のゲームや、物語性のあるもの、メッセージ性のある曲の歌詞やタイトルに使用されることが多いかもしれませんね。

>

ライオットを使った文章・例文

<ライオット・騒動・暴動の類語>

  • incident(インシデント・事変)
  • upheaval(アップヒーヴァル・激動)
  • 動乱
  • 波乱
  • 怒涛

<例文>
  • リーグオブレジェンドを運営する巨大ゲーム会社の名前は「ライオットゲームズ」である。
  • 警察や軍隊に配備されている軽量の盾の名前は「ライオットシールド」という。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ