「気圧される」とは?意味や使い方を解説!

「気圧される」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「気圧される」について解説します。

目次

  1. 気圧される
  2. 気圧されるの意味とは
  3. 気圧されるを使った文章・例文

気圧される

皆さんは、「気圧される(けおされる)」という言葉をご存知でしょうか。
小説などのフィクション作品で使われることの多い言葉なので、見聞きしたことのある方も多くいらっしゃると思います。

この記事では、「気圧される」の意味を解説させていただきます。

気圧されるの意味とは

「気圧される(けおされる)」とは、「相手の勢いに負ける」「精神的に圧倒される」という意味です。「きあつされる」と誤読する方もいるので、注意が必要です。
主な意味としては、相手の迫力に気持ちの面で圧倒されてしまったり負けてしまうことを意味します。分かりやすく言えば、プレッシャーに近いニュアンスです。
例えば、サッカーなどのスポーツの試合において、相手チームの勢いや声援、観客の量に圧倒されてしまいプレッシャーを感じたり、負けてしまうかも知れないという不安感やネガティブな気持ちを抱いてしまうことがあります。これを「気圧される」と言います。
他にも、誰かが大声で怒っている声を聞くと、自分が怒られている訳でもないのに何となく萎縮してしまうことはありませんか?これも、怒っている人の勢いに気圧されている状態です。
大きな力やエネルギー、勢いに不安感を持ったり萎縮してしまう気持ちだと言えば、想像しやすいと思います。

>

気圧されるを使った文章・例文

ここで、「気圧される(けおされる)」を使った例文をご紹介します。

1.怒鳴る上司の剣幕に気圧される。
2.あまりに立派な門構えについつい気圧されてしまう。
3.相手チームの勢いに気圧されてしまい、満足の行く試合ができなかった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ