「示唆」とは?意味や使い方を解説!

「示唆」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「示唆」について解説します。

目次

  1. 示唆
  2. 示唆の意味とは
  3. 示唆の使い方・例文

示唆

皆さんは、「示唆(しさ)」という言葉をご存知でしょうか。
「示唆する」などの形でニュースや新聞で見聞きしたことのある方も少なくないと思います。

この記事では、「示唆」の意味を解説させていただきます。

示唆の意味とは

「示唆(しさ)」とは、「それとなく知らせる、教えること」や「ほのめかすこと」という意味の言葉です。

示唆の「示」は「しめす」という意味です。
人に表して見せるといった意味を持つ漢字となります。

示唆の「唆」は「唆す(そそのかす)」という意味です。
唆すとは、人にこっそりと何かを教えるという意味です。

この「示す」と「唆す」が合わさって「示唆」という言葉になります。

示唆ははっきりと物事を伝える、言う訳ではありません。
直接的な言葉や明確な態度は見せないものの、遠回しに伝えるということになります。

「示唆する」というのは、遠回しに何かを教えるということです。
答えを教えるのではなく、ヒントを与えると言えばイメージしやすいと思います。

例えば「こうすると良い」と直接言われた場合は示唆ではありません。
「これは良くない」「ここを変えてみよう」など、言葉をぼかすようにヒントを与えることを示唆と言います。

日常会話では使われない単語ですが、ニュースなどの固い言い回しとして使用されています。

>

示唆の使い方・例文

ここで、「示唆(しさ)」を使った例文をご紹介します。

1.系列会社との合併の可能性を示唆する。
2.そのデータは会社全体の売り上げ低下を示唆していた。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ