「朝焼け」とは?意味や使い方を解説!

「朝焼け」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「朝焼け」について解説します。

目次

  1. 朝焼け
  2. 朝焼けの意味とは
  3. 朝焼けを使った文章・例文

朝焼け

皆さんは、「朝焼け(あさやけ)」という言葉をご存知でしょうか。
夕焼けは知っていても朝焼けは知らない、見聞きしたことが無いという方も少なくないと思います。

この記事では、「朝焼け」の意味を解説させていただきます。

朝焼けの意味とは

「朝焼け(あさやけ)」とは、「日の出の前に東の空が紅色に染まる(焼ける)現象」のことを言います。夕焼けと同じように、太陽光が地球の大気で散乱することにより発生する現象です。
朝焼けが紅色に見えるのは、大気を通過する際に短い波長の光が散乱してしまう、波長の長い垢系の光だけが残って人間の目に見えるからです。
日の出の時間は季節によって変動するので、朝焼けを見たい場合は日の出よりも早く起きて東の空を見るようにしましょう。
また、朝焼けの日は雨が降るという迷信があります。実際に朝焼けと雨の関連性は分かっていませんが、雨が降る確率は半々だと言われているので、朝焼けの日は念の為傘を準備しておきましょう。
朝焼けとは逆に、夕焼けがキレイに見えると翌日は晴れると言われています。これは、西の空がキレイ=日本の西で雨が降っていない=翌日も晴れる可能性があるという根拠があります。

>

朝焼けを使った文章・例文

ここで、「朝焼け(あさやけ)」を使った例文をご紹介します。

1.今日は朝焼けがとてもキレイだったから、念の為傘を持って行こう。
2.朝日に焼ける赤い空を朝焼けと言う。
3.冬が近づくにつれ、日の出が遅くなるので朝焼けもみやすくなっている。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ