「オーバーラップ」とは?意味や使い方を解説!

サッカーにおいて「オーバーラップ」という言葉を聞くことが多くなったと思います。解説や実況の人が口にする「オーバーラップ」という言葉について解説していきます。

目次

  1. オーバーラップ
  2. オーバーラップとは
  3. オーバーラップの使い方・例文

オーバーラップ

サッカーの試合中継を見ていると解説の人などが「オーバーラップ」という言葉を耳にするかと思います。

サッカーに詳しい方はオーバーラップについて理解していると思います。しかし、「オーバーラップ」という言葉はサッカーに詳しくない人にはピンとこない言葉かと思います。

この記事では、そんな「オーバーラップ」について解説していきます。

オーバーラップとは

オーバーラップの意味とは、英語で「overlap」と表し、「重ね掛けること」を表します。

サッカーや映像編集技術などでオーバーラップという言葉をよく使います。

サッカーにおけるオーバーラップ

サッカーにおけるオーバーラップは「ボールを持っていない選手が味方のボールを持っている選手を追い越すこと」を表します。

主に、サイドでプレーしている時に「オーバーラップ」という言葉が使われます。

ウイング・サイドハーフ・ウイングバック・サイドバックといったサイドでプレーする選手が攻撃参加し、相手の守備を崩すための連携の多くで「オーバーラップ」が使われ、試合中に長い距離を短い時間で走ることが多いためスタミナが必要となります。

映像編集技術におけるオーバーラップ

映像編集技術におけるオーバーラップは、画面転換方法の1つで「1つの映像が少しづつフェードアウトしていくと同時にもう1つのフェードインしてくること」を表します。

オーバーラップのほかに「ディゾルブ」と言うこともあります。

オーバーラップの使い方・例文

  1. 今日のサイドバックは何回もオーバーラップして、攻撃を活性化させていた。
  2. 1:30と31の画面転換はオーバーラップでもいいんじゃないかな。

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ