「リトリート」とは?意味や使い方を解説!

サッカーにおいて「リトリート」という言葉を聞くことが多くなったと思います。解説や実況の人が口にする「リトリート」という言葉について解説していきます。

目次

  1. リトリート
  2. リトリートとは
  3. リトリートの使い方・例文

リトリート

サッカーの試合中継を見ていると解説の人などが「リトリート」という言葉を耳にするかと思います。

サッカーに詳しい方はリトリートについて理解していると思います。しかし、「リトリート」という言葉はサッカーに詳しくない人にはピンとこない言葉かと思います。

この記事では、そんな「リトリート」について解説していきます。

リトリートとは

リトリートとは、英語で「Retreat」と表し「後退」という意味を表します。

サッカーにおいてもリトリートは後退の意味をもつ言葉です。

サッカーにおけるリトリート

サッカーにおけるリトリートは「自陣でまで下がってディフェンスをすること」を表します。

ボールが相手にある状態では、 ほとんどの選手が自陣まで戻ってきてゴールを守ります。

ゴール前に人数を多く配置することでチャンスを与えなくさせる戦術の1つです。

カウンターを得意とするチームなどがよく用いる戦術ですが、勝っている状態でこのまま守り切ろうとするチームもよく用いる戦術です。

逆に、ボールが相手にある状態で積極的にボールを取りに行く戦術を「フォアチェック」といいます。

リトリートの使い方・例文

  1. リトリートでゴール前固めてるのにドリブルで突破されてちゃリトリートの意味がない。
  2. 今日のリトリートからのロングカウンターはお手本のようだった。

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ