「ホワイトアウト」とは?意味を解説します!

「ホワイトアウト」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ホワイトアウト」について解説します。

目次

  1. ホワイトアウト
  2. ホワイトアウトの意味とは
  3. ホワイトアウトの使い方・例文

ホワイトアウト

皆さんは、「ホワイトアウト」という言葉をご存知でしょうか。

冬になるとニュース番組などで「ホワイトアウト現象」という言葉をよく使われるようになるので、見聞きしたことのある方も多くいらっしゃると思います。

この記事では、「ホワイトアウト」の意味を解説させていただきます。

ホワイトアウトの意味とは

「ホワイトアウト」とは、「強い地吹雪やガス状の雪雲、雪や雲による光の乱反射によって辺りが白色になり、視界が遮られる現象」のことを言います。

ホワイトアウト現象という言葉で使われることが多くあります。

ホワイトアウト現象は雪山などで多く見られる現象です。

辺り一面が真っ白になってしまい、視界が遮られることにより方向や地形の把握が難しくなってしまい、遭難や航空機の墜落の原因となってしまいます。

ホワイトアウト現象が起こるのは極地や雪山が主ですが、雪の多い地域では平地でも悪天候時に発生する場合があります。

ホワイトアウト現象は数メートル先を見ることもできないので、自動車や自転車の運転はできません。

歩行も危険な上に方向や地形の把握ができなくなってしまうので、ホワイトアウトに遭遇してしまった場合はできるだけその場で動かないようにしましょう。

ホワイトアウトの使い方・例文

ここで、「ホワイトアウト」を使った例文をご紹介します。

1.ここ数日は粉雪が積もっているから、もし吹雪になればホワイトアウト現象が起こってしまう。
2.数年前の航空機の墜落事故は、ホワイトアウト現象が原因である可能性が高い。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ