「所存」とは?意味や使い方を解説!

「所存」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「所存」について解説します。

目次

  1. 所存
  2. 所存(しょぞん)の意味とは
  3. 所存の使い方・例文

所存

所存(しょぞん)」という言葉について解説します。

皆さんはこの「所存」という言葉を使ったことはあるでしょうか。

ニュースなどで「このようなことが起きないよう安全対策に取り組んでいく所存です」といったような言い回しを見聞きしたことがあるという方も多いかもしれません。

ここではそんな「所存」という言葉について、意味や使い方を紹介していきます。

ビジネスの場で使われることも多い言葉ですので、誤用しないようぜひ最後までご覧いただき、きちんと整理・理解してみてください。

所存(しょぞん)の意味とは

>

所存(しょぞん)とは「心に思う所・考え・意見」といった意味の言葉となっています。

ということで、安全対策に取り組んでいく所存です。といった場合は「安全対策に取り組んでいこうと思っています」という意味になります。

一般的に所存という言葉は目上の人に対して使われるの注意しましょう。

ちなみに、やってしまいがちな誤用の例として「~と思う所存です」「~考えていくという所存です」といった二重表現があるので、この点も注意してください。

また、所存は謙譲語なので「ご所存です」といったように敬語を足すと二重敬語になってしまうので併せて覚えておくとよいのではないでしょうか。

所存の使い方・例文

  • 原材料費は高騰していますが、出来る限り値上げはしない所存です。
  • 新規事業を担当することになり、改めて気を引き締めて業務に取り組む所存です。
  • 立て続きに起きているアルバイトの不祥事に対し、厳しく指導していく所存でおります。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ