「働き方改革」とは?意味や使い方を解説!

「働き方改革」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「働き方改革」について解説します。

目次

  1. 働き方改革
  2. 働き方改革の意味とは
  3. 働き方改革を使った文章・例文

働き方改革

皆さんは「働き方改革」をご存知でしょうか。
2016年から言われ始めたこの言葉、具体的にどういう改革のことをいうのでしょうか。

今回は「働き方改革」について解説します。

働き方改革の意味とは

働き方改革とは「日本企業がこれまで慣例としてきた労働状況を大幅に見直す取り組み」のことです。

2016年に安倍晋三首相によって提言された取り組みである「働き方改革」は、「一億総活躍社会」を実現するために全国の企業に働きかけられました。
労働者を取り巻く問題を解消し、国民全てが満足する形で働けるように労働制度を改革する事を目指すのが「働き方改革」です。

働き方改革の目標実現に向けて、三つの施策が掲げられました。

まずは「労働時間の長時間化の是正」。
長時間労働が常態化すれば心身にダメージを受け、過労死の危険性が高まります。
特に時間外労働の定義や拘束時間などを見直すことで、労働時間の適正化を図ります。

次に「正規・非正規の不合理格差の解消」です。
同じ仕事を同じ量だけしていても、正規雇用者と非正規雇用者の間の待遇については格差が大きい企業が多いです。
この格差を解消し働き手が自由に労働形態を選べるように「同一労働同一賃金」などの制度を取り入れていきます。

最後は「柔軟な働き方の実現」です。
子育て中の女性や、定年を迎えたけれどまだまだ元気な高齢者など、働く意欲はあっても状況がそれを難しくしている人たちはたくさんいます。
そういった人たちでも働くことができる選択肢を増やすために、在宅勤務や時短勤務など労働形態を多様化されていくのが「柔軟な働き方の実現」です。

これらを三本柱として、労働制度の改革を推し進める施策が「働き方改革」なのです。

>

働き方改革を使った文章・例文

  1. うちの会社も働き方改革で、フレックス制が導入された。
  2. 働き方改革の恩恵を受けられる労働者は、これから増えていくのだろうか。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ