「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」とは?意味や使い方を解説!

「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」について解説します。

目次

  1. 下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる
  2. 下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるの意味とは
  3. 下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるを使った文章・例文

下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる

下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」という言葉を一度は聞いたことがあるかと思います。

下手であることを揶揄するネガティブな意味合いを持つ一方で、下手であることを逆手に取ったポジティブな使われ方もするため、是非意味を理解しておきたい言葉ですが、みなさんはこの言葉の意味をご存知でしょうか。

ここではそんな意外に便利なことわざについて、意味や使い方などをご紹介していきます。

下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるの意味とは

下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるとは、文字通り「どれだけ下手でも、そのうちまぐれで成功すること」を意味します。

どんなに射撃が下手で確率が悪くても、何発も撃っていればそのうちまぐれで命中することを指します。

主に下手すぎてほとんど命中しないことや、実力ではなく単なるまぐれで命中したことを揶揄する言葉として使われますが、どれだけ確率が悪くても最後に成功させることができればそれで良しとするなど、良い意味で用いられることもあり、使う状況によって意味合いが変わってくる言葉になります。

下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるを使った文章・例文

  1. 下手な鉄砲も数撃ちゃ当たると思って女子に告白しまくっていたら、噂が広まって軽蔑されてしまった。
  2. 先輩が一試合に何本もシュートを決めたことを自慢していたが、単に下手な鉄砲数撃ちゃ当たるでしかないことに気づいていないから仕方ない。
  3. 後輩芸人の中には、トーク力こそないものの、ネタの数が豊富で、時折大爆笑を攫って行くタイプがいる。これぞ下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるなのだなと思った。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ