「三日天下」とは?意味や使い方を解説!

「三日天下」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「三日天下」について解説します。

目次

  1. 三日天下
  2. 三日天下の意味とは
  3. 三日天下を使った文章・例文

三日天下

三日天下」という言葉の意味や使い方について解説します。

読み方は「みっかてんか」「みっかでんか」となります。

戦国時代の明智光秀に関する有名な話が由来の言葉ですが、皆さんはご存知でしょうか。

権力を持っている期間や高い地位を維持している期間が短いこという意味を持つ言葉です。

意味は知っていてもその由来までは知らない方もいるかもしれません。

よく「苦労して社長になった彼だったが、三日天下に終わってしまった。」といった使い方をします。

今回はそんな「三日天下」について詳しく解説するので、この機会に深く知っていきましょう。
 

三日天下の意味とは

三日天下(みっかてんか)という言葉は「権力を握っている期間や高い地位を維持している期間が極めて短いことを形容する言葉。」という意味を持ちます。

由来は、戦国時代までさかのぼります。

当時、本能寺で明智光秀が織田信長を討って天下をとったものの、そのわずか13日後に豊臣秀吉によって滅ぼされたことからきています。

三日天下の中の「三日」とは、「ごく短い期間」という意味になります。

ちなみに、この「三日天下」という言葉は「みっかんてんか」とも「みっかでんか」とも読みます。

三日天下を使った文章・例文

  1. 苦労してやっと社長になることができた彼であったが、就任直後に部下の不正によって解任させられてしまい三日天下に終わってしまった。
  2. 私が支持している政党は最近、代表者の三日天下が続いていて雲行きが怪しい。
  3. 彼女は初めて学年トップの成績に輝いたが、三日天下に終わってしまった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ