「センテンス」とは?意味や使い方を解説!

みなさんは「センテンス」をご存知でしょうか?日常で「センテンス」と使う人もいるもいるので聞いたことがある人もいると思います。この記事ではそんな「センテンス」について解説していきます。

目次

  1. センテンス
  2. センテンスの意味とは
  3. センテンスを使った文章・使い方

センテンス

一度は目にしたことのある「センテンス」という言葉が存在します。

かなり有名なカタカナ語ですが、果たして意味を詳しく理解している人はどれくらいいるのでしょうか。

とある芸能人の事件でも有名になった言葉ですが、未だに意味を知らないという人もいるかと思います。

まだ意味を知らないという人はこの記事でしっかり意味を覚えましょう。

センテンスの意味とは

「センテンス(sentence)」とは日本語で、「」という意味の英語です。

「文」=言葉が連なり、「一つの意味へと形が作られた言い切りの文章」を意味します。

「センテンス」は「文」のため、「。」で区分されます。

例えば、「今朝大学に行ったよ。でも講義が休講だった。」

この例文の場合、「センテンス」の数は2個となります。

また、「センテンス」という言葉はとある事件からいきなり有名になった言葉でもあります。

ベッキーとゲスの極み乙女のボーカル川谷の不倫が発覚したときに、ベッキーがリークした「文春」を「センテンス(文) スプリング(春)」と訳しラインに投稿したものが流出したことをきっかけに「センテンス」という言葉が流行りました。
 

センテンスを使った文章・使い方

「センテンス」を使用した例文を紹介します。

  1. このセンテンスは芸術点が非常に高いものだ
  2. 試験でとあるセンテンスに誤字と誤訳が見つかったため、減点された
  3. センテンスではなく、コンテクストで採点する
  4. センテンスは極力短くして、見やすくコンテクストをつくることが重要だ
  5. センテンススプリング!

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ