「終身雇用」とは?意味や使い方を解説!

「終身雇用」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「終身雇用」について解説します。

目次

  1. 終身雇用
  2. 終身雇用の意味とは
  3. 終身雇用を使った文章・例文

終身雇用

終身雇用」という言葉について解説します。

昨今の日本では、ニュースや新聞などの報道で「終身雇用の時代は終わった」といった一文を見聞きすることがたびたびあると思います。

昭和の時代に社会人として生きた方には身近な言葉かもしれませんが、平成生まれの方にとってはあまりピンと来ない言葉と言えるかもしれません。

ここでは「終身雇用」とは何かということについて、意味や内容を整理していきたいと思います。

ぜひ最後までご覧いただききちんと把握してみてください。

終身雇用の意味とは

>

終身雇用とは「学校卒業後すぐに就職した企業に、定年まで在籍することを前提とした雇用形態」となります。

特別な場合を除き、解雇をせず定年まで雇用し続けるこの形態は日本の高度経済成長支えた多くの企業で採用されていました。

働く側からすると、企業に就職したら解雇されることなく定年まで雇ってもらえる。といった感じになるでしょうか。この終身雇用という雇用形態は長らく日本の働き方のスタンダードでした。

終身雇用のメリット・デメリット

終身雇用のメリットとデメリットについて紹介します。

<メリット>

  • 長期の人材育成が可能で、情報を共有し生産性を高めることができる。
<デメリット>
  • 雇用が硬直化し、会社や社会に変化が起きにくく、社員のモチベーションも上がりにくい。

大きく分けるとこのようになります。経済が成長している間はメリットの方が勝っていましたが、不況に陥ると人件費などデメリットが目立つようになり、徐々に終身雇用が減ってきているようです。

終身雇用を使った文章・例文

  • 終身雇用の時代には会社愛という言葉あった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ