「召使い」とは?意味や使い方を解説します!

「召使い」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「召使い」について解説します。

目次

  1. 召使い
  2. 召使い(めしつかい)の意味とは
  3. 召使いの使い方・例文

召使い

召使い」という言葉について解説します。

なかなか本当の召使いというものを目にする機会は少ないと思いますが、映画、ドラマ、演劇などで役柄としてたびたび登場するので、ご存知の方も多いと思います。

ただ、この召使いという役柄は、出てくる映画やドラマの種類によっては王様のお世話係だったり、一般家庭の家政婦・使用人だったりとかなり広い意味を持って出てきます。

ということで、ここでは「召使い」という言葉について、整理しながら紹介していきたいと思います。

ぜひ最後までご覧いただき、使い方をきちんと把握してみてください。

召使い(めしつかい)の意味とは

召使い(めしつかい)とは「宮中で召し使われた身分の低い官人」「雑用をする奉公人。下男、下女など」という意味の言葉となります。

召使いの「召す」は皇族や貴族など身分の高い人の「呼び寄せる」の尊敬語。または、着る、食べる、などの動作を示す尊敬語なので、召使いは「身分の高い人が雇って使っている人のこと」ようするに使用人、雑用係となります。

現代では召使いという言葉は身分が低い者といった隷属的な意味合いが強いので、あまり使われなくなっています。

映画やドラマの中でも、召使いが出てくるのは王様や貴族がいた時代か、人種差別や人権意識が低い時代のものが多いようです。

ちなみに、奴隷と召使いの違いとしては、奴隷は身分で、召使いは仕事の種類と考えると分かりやすいのではないでしょうか。

>

召使いの使い方・例文

  • 沢山の召使いがいるということは、それだけ財力や権力があるという証拠だった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ