「プリズン」とは?意味や使い方を解説!

「プリズン」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「プリズン」について解説します。

目次

  1. プリズン
  2. プリズンの意味とは
  3. プリズンを使った文章・例文

プリズン

「プリズン(prison)」という言葉ご存知でしょうか?

2000年代に大ヒットしたアメリカの連続ドラマ『プリズンブレイク』を思い出す方も多いかもしれませんね。
では、いったいどういう意味なのでしょうか。

今回は「プリズン」について解説します。

プリズンの意味とは

>

「プリズン」とは英語で「prison・刑務所、監獄」という意味の外来語です。

ドラマタイトルにもなった「プリズンブレイク(Prison Break)」という言葉は、プリズンをブレイク(壊す)するということで「脱獄」を意味します。

プリズンと同じく「刑務所」を意味する言葉として「ジェイル(jail)」という言葉があります。

英語のネイティブスピーカーは、「prison」も「jail」も同じ「刑務所・監獄」として区別なく使いますが、刑期の長いものを「prison」、短いものを「jail」と感覚的に使い分けている場合もあるそうです。

アメリカ合衆国においては、実は両者には違いがあります。

その違いとは、管轄する運営母体の違いです。「プリズン」は、連邦刑務所として連邦政府によって運営され、刑期の長い囚人が収容されています。

いっぽう「ジェイル」は、郡立刑務所とも訳され、郡や市などが運営していて、罪に問われているけれど保釈金が払えず拘留されている人たちや、刑期の短い囚人を留置しています。

プリズンを使った文章・例文

1.第二次世界大戦後、GHQによって東京・池袋の東京拘置所が接収された。それを「巣鴨プリズン」と呼ぶ。
2.『プリズンブレイク』の主人公役だった俳優ウェントワース・ミラーは、この演技で2005年のゴールデン・グローブ賞にノミネートされた。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ