「ドラフティング」とは?意味や使い方を解説します!

「ドラフティング」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ドラフティング」について解説します。

目次

  1. ドラフティング
  2. ドラフティングの意味とは
  3. ドラフティングの使い方・例文

ドラフティング

「ドラフティング」という言葉をご存知でしょうか?
バイクや自動車レースなどのモータースポーツが好きな方は知っているかもしれませんね。
また、技術畑の方なら「ドラフティングテープ」と聞けば、ピンとくる方もいらっしゃるかもしれません。
では、「ドラフティング」とはいったいどういう意味なのでしょうか。
今回は、業界用語(かもしれない)「ドラフティング」について解説します。

ドラフティングの意味とは

「ドラフティング」とは、英語で「drafting」といい、ふたつの意味を持つ外来語です。

ひとつめの意味は、「起草、機械製図」で、上記にあげた「ドラフティングテープ」とは、製図するときに製図版(用紙の下に置く平らな台板)に用紙を固定したり、レタリングなど、デザインやレイアウト作業中の仮止めに使用する、低接着性のテープのことです。
ちなみに、起草とは、文案や草案を作ることという意味です。

ふたつめの意味は、バイクや自動車レースなどのモータースポーツで、先行する選手の真後ろについて、空気抵抗を避けて走行するテクニックのことをいいます。一般的には「スリップストリーム」という現象でを利用する技術として知られています。
スリップストリームとは、高速走行中の車両の後方に、気流の働きで生じる気圧の低い領域のことで、空気抵抗が小さくなるため、後続車は通常と同じ速度をより低い出力で発揮することができます。
 

>

ドラフティングの使い方・例文

1.ドラフティングは主にモータースポーツで使われる技術だが、自転車レースでも重要なテクニックである。
2.ドラフティングテープは、マスキングテープよりも粘着力が低い。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ