「ネグレクト」とは?意味や使い方を解説!

「ネグレクト」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ネグレクト」について解説します。

目次

  1. ネグレクト
  2. ネグレクトの意味とは
  3. ネグレクトを使った文章・例文

ネグレクト

皆さんは「ネグレクト」という言葉をご存知でしょうか。

ニュースなどで見かけることが多い言葉ですね。
幼い子供が亡くなる事件で時折目にするこの言葉。こんなことが起こってしまうのはとても痛ましいです。

今回は「ネグレクト」という言葉について詳しく解説します。

ネグレクトの意味とは

>

ネグレクトとは「無視する事。ないがしろにすること」または「親が子供に対して育児放棄をすること」という意味です。
ほとんどの場合、二つ目の意味で使われています。

英語のneglectには、怠慢、無視、見過ごす、ないがしろにするなどの意味があります。
カタカナ語のネグレクトは育児放棄の意味で使われています。
育児放棄とは子供に食事を与えない、入浴や着替えなどをさせない、風邪などにかかっても放置するなど適切な世話を怠ることをいいます。
児童虐待の一種であり、精神的にも肉体的にも子供に深刻な影響を与えます。

また、昨今では高齢者虐待も問題になっています。
高齢者虐待の場合は、介護・世話の放棄・放任ということになり、ネグレストと呼びます。
しかしこのネグレストには介護者によって行われる場合と、高齢者本人が自らのケアを怠慢する場合があります。
後者はセルフネグレクトと呼ばれ、本人が認知症やうつ状態などでない場合も原因不明ながら起こり得るようです。

ネグレクトを使った文章・例文

  1. ネグレクトによって亡くなった小さい子供のニュースを見るたびに哀しくなる。
  2. 親の育児ノイローゼによるネグレクトを防ぐためにはどうしたらいいのだろうか。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ