「勤怠」とは?意味や使い方を解説します!

「勤怠」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「勤怠」について解説します。

目次

  1. 勤怠
  2. 勤怠の意味とは
  3. 勤怠の使い方・例文

勤怠

皆さんは「勤怠」という言葉をご存知でしょうか。

勤め人の方ならば、見たことがないという方はほとんどいないでしょう。
「きんたい」という読み方や正確な意味を理解することは重要です。
働くうえで大事な要素の一つなのですから。

今回は「勤怠」という言葉について詳しく解説します。

勤怠の意味とは

>

勤怠とは「仕事に励むことと怠けること」あるいは「出勤と欠勤。出退勤。」という意味です。
読み方は「きんたい」です。

現在はほとんど二つ目の意味で使われていると言って過言ではないでしょう。
社員や従業員の出退勤を把握することを勤怠管理といい、事業主にとっては重要な職務の一つです。

勤怠管理とは、ただ単に出勤の有無を記録すればよいわけではありません。
勤務時間や休憩を適切にとっているかなどの把握、有給の取得や忌引、傷病の治療といった欠勤理由の把握、出張や外回りといった社外での勤務の様子などを一人ひとり記録しておかなければならないのです。

これらの要素は給料の額に直結しますし、労働基準法や雇用契約にも影響してきます。
サービス残業などで実際とは違う勤怠管理をすれば法にも抵触しますし、労働者のモチベーションも下がるきっかけになるのです。

また、過剰労働をすることによって健康にも影響が及びます。
勤務中のけがや体調不良、精神的な病など、労働がきっかけの健康被害は多々あります。
こういった「労災」を未然に防ぐためにも、勤怠管理は重要なのです。

勤怠の使い方・例文

  1. 今月は有休をとりたいと考え、職場の壁に貼り出された勤怠表を見ていつにしようか考えた。
  2. 社員の数が10人以下であるうちの会社は、勤怠管理も社長の仕事である。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ