「愛憎」とは?意味や使い方を解説します!

「愛憎」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「愛憎」について解説します。

目次

  1. 愛憎
  2. 愛憎(読み方・あいぞう)の意味とは
  3. 愛憎の使い方・例文

愛憎

愛憎」という言葉について解説します。

「愛憎入り混じる」「愛憎半ばする」といった使い方をする言葉ですが、定期的に流行るドラマのテーマとして「愛憎劇」という言葉もあり、「ドロドロの愛憎劇が繰り広げられる」といったフレーズを目にした方も多いかもしれません。

このように使われる「愛憎」という言葉ですが、みなさんはきちんとした意味をご存知でしょうか。

漢字から想像がつきそうですが、一度整理してみるのもいいかもしれません。

ここでは「愛憎」という言葉の意味、読み方・使い方などを紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき、把握してみてください。

愛憎(読み方・あいぞう)の意味とは

>

愛憎(読み方・あいぞう)とは「愛することと憎むこと」という意味の言葉となっています。

愛が深くなればなるほど、憎いという真逆の感情も深くなってしまう。人間の不思議な機微を表わした言葉ともいえるかもしれません。

ちなみに「愛憎劇」とは「愛情と憎悪の念が入り混じった、あくの強い筋書きの人間ドラマ」という意味になっており、昼ドラで見かけることが多いイメージではないでしょうか。

自分の身に愛憎の念が沸き起こったとすると大変ですが、どこかそこまでになる恋愛に対して憧れのようなものがあるのかもしれませんね。

愛憎の使い方・例文

  • 好きで好きでたまらないと思うのに、一方でなぜこんなに憎いと思ってしまうのか、愛憎入り混じるこの恋愛に少し疲れを感じてきた。
  • 彼女は過去に妻子持ちの男とドロドロの愛憎劇を繰り広げたことがあり、それは私と彼女だけの秘密となっている。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ