「的確」とは?意味や使い方を解説します!

「的確」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「的確」について解説します。

目次

  1. 的確
  2. 的確(てきかく)の意味とは
  3. 的確の使い方・例文

的確

的確」という言葉について解説します。

「的確に射貫く」「的確に指示する」といった感じで使われるこの「的確」という言葉。

皆さんも日常の中でよく見聞きすることがあると思います。

会話の中で登場する分には、意味も使い方もご存知だと思いますが、実はこの言葉は同じ読み方で別の漢字の「適格」という言葉もあり、混同しがちな言葉でもあるのです。

ここではそんな「的確」という言葉について、意味や使い方、「適格」との違いなどについて紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき、整理・把握してみてください。

的確(てきかく)の意味とは

的確(読み方・てきかく)とは「的をはずさないで間違いがないこと。また、そのさま。(てっかく)」という意味の言葉となります。

「的確に射貫く」「的確に指示する」といった場合、「ポイントを外さずしっかりと射貫く・指示する」という意味になることが分かると思います。

ちなみに、ほぼ同じ意味で漢字が違う「適確」という言葉もあります。こちらは適切確実・適正確実という言葉から出来た言葉で、的確よりも後にできた言葉となっています。

>

適格とは

的確と同じ読み方の「適格」という言葉の意味は「資格にかなっていること」「必要な資格を十分にそなえていること」となっています。

漢字が異なると意味が全く違うようになるので、的確と適格はしっかりと区別できるようにしておいてください。

的確の使い方・例文

  • 日本代表のゴールキーパーは、派手さはないが的確なプレーでピンチを何度も救った。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ