「銘銘」とは?意味や使い方を解説します!

「銘銘」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「銘銘」について解説します。

目次

  1. 銘銘
  2. 銘銘の意味とは
  3. 銘銘の使い方・例文

銘銘

銘銘」という言葉の意味や使い方について解説します。

この銘銘という言葉は、日常会話やビジネスの場など、幅広い場面で使用されるため耳馴染みのある方も多いのではないでしょうか。

読み方は「めいめい」となります。

話し言葉として使用する機会が多いため、漢字表記を間違える方も多くいるようです。

「明明」や「命名」「冥冥」といった誤表記があります。

使い方としては「大皿の料理を銘銘に分ける」や「会議で銘銘が発言する。」といった表現があります。

今回は、そんな「銘銘」という言葉について詳しく解説します。

この機会に深く知っていきましょう。

銘銘の意味とは

>

銘銘という言葉の意味について解説します。

銘銘とは「ひとりひとり。それぞれ。おのおの。」という意味を持つ言葉です。

この銘銘という言葉は「面面」の音が変化したものです。

読み方は「めいめい」となります。

使い方としては「大皿の料理を銘銘に分ける。」「会議で銘銘が意見を述べる。」といった表現があります。

副詞的に用いられる場合もあり、その場合は「電車のきっぷは銘銘で持つ。」や「今回の食事代は銘銘払いにしよう。」といった使い方になります。

日常会話でも自然と使う言葉ですが、書く機会はあまりないため、漢字表記を間違える方も多くいます。

「明明」や「命名」「冥冥」といったご表記があるため、注意しましょう。

銘銘の使い方・例文

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ