「轍」の意味とは?意味や使い方を解説!

「轍」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「轍」について解説します。

目次

  1. 轍の意味とは
  2. 轍を使った文章・例文

」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「轍」という言葉には、2つの読み方があります。

「わだち」と読む場合と「てつ」と読む場合があります。

わだちと読む場合、曲のタイトルにも使用されているため耳馴染みのある方も多いかもしれません。

また「轍」は意味も2つある言葉です。

車輪が通った跡と、先例という意味を持っています。

今回は、そんな「轍」について詳しく解説します。

この機会にしっかりと理解していきましょう。
 

轍の意味とは

「轍」という言葉の意味について解説します。

この轍という言葉には「てつ」と「わだち」2種類の読み方があります。

どちらで読む場合にも意味は同じです。

意味は2つあります。

まず、1つ目の意味は「通り過ぎた車輪のあと。わだち。」となります。

使い方としては「オフロードを走る4WDの轍。」といった表現があります。

次に、2つ目は「筋道。行き方。先例。」という意味になります。

使い方としては「好きな小説の舞台となった場所への轍を調べる。」といった表現があります。

また、轍という漢字が入った言葉に「軌轍(きてつ)」や「車轍(しゃてつ)」があります。

軌轍とは「車が通ってできた車輪の跡。前例。」という意味を持つ言葉です。

一方、車轍は「轍」と同じ意味で「車の通った跡。」となります。
 

>

轍を使った文章・例文

  1. レンタカーでまだ舗装されていない田舎道を走ると、うしろにははっきりとした轍が付いた。
  2. 好きな小説の舞台になった場所への轍を調べてみる。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ