「律儀」とは?意味や使い方を解説します!

「律儀」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「律儀」について解説します。

目次

  1. 律儀
  2. 律儀の意味とは
  3. 律儀の使い方・例文

律儀

皆さんは「律儀」という言葉をご存知でしょうか。

読み方は「りつぎ」でしょうか、それとも「りちぎ」でしょうか。
意味や使い方などは説明できるでしょうか?

今回は「律儀」という言葉について詳しく解説します。

律儀の意味とは

>

律儀とは「義理堅いこと。実直であること。」という意味です。
古典では「健康である様子」という意味でも使われています。
読み方は「りちぎ」です。「りつぎ」ではないので、間違わないように気をつけましょう。

「律儀な人」のことを「律儀者」ともいいます。

似た意味の言葉に「真面目」があります。
こちらは「嘘がなく真剣であること。本気であること。」あるいは「真心があること。誠実である様子。」という意味です。
「律儀」と「真面目」には意味の重なる部分があり、言い換えができる用例も多いです。
ただし、「律儀」という言葉の大きな特徴として「義理堅い」という意味を持っているという点があります。
この意味を強調したいのであれば、「真面目」ではなく「律儀」を使うことを意識したほうがいいでしょう。

「義理堅い」とは、「人付き合いや社会の中で守るべき道理を大切にする」という意味です。
たとえば約束を守る、何かしてもらったら必ずお礼をする、といったようなことを重要視してきちんと実行する性格を形容した言葉です。

律儀の使い方・例文

  1. 誰よりも早く出社して仕事の準備をする、先輩の律儀さには頭が下がる。
  2. 何年も前に私が彼の仕事を手伝ったことを覚えていて、その時のお返しと言って助けてくれるなんて、大変律儀な人だ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ