「施す」とは?意味や使い方を解説します!

「施す」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「施す」について解説します。

目次

  1. 施す
  2. 施す(ほどこす)の意味とは
  3. 施すの使い方・例文

施す

施す」という言葉について解説します。

みなさんも日常の中で度々見聞きする言葉だと思いますが、この言葉は意外と色々な意味をもっていることはご存じでしょうか。

「食べ物を施す」「細工を施す」「策を施す」「施すすべもない」など、様々な形で使われますが、これらはそれぞれ別の意味で使われています。

これら全ての意味や使い方をきちんと把握しているという方は、意外と少ないかもしれません。

ということで、ここではそんな「施す」という言葉について、意味や読み方・使い方を詳しく紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

施す(ほどこす)の意味とは

>

施す(読み方・ほどこす)とは

  1. 恵まれない人に物質的な援助を与える。あわれみから人が困っている状態を助ける行為をする。恵み与える。「食べ物を施す」
  2. 飾りや補いのためになにかを付けくわえる「細工を施す」
  3. 高価・影響を期待して事を行う「策を施す」
  4. 事態を改善するようなこと行うこと「施すすべもない」
  5. (面目を施すの形で)あることを成し遂げて高い評価を保つこと
  6. 広く行きわたらせる「世界に名を施す」
このような様々な意味を持つ言葉となっています。

よく使われる意味としては1、2、3、4あたりになるのではないでしょうか。むしろ5と6の意味で使われることは少ないかもしれません。

ちなみに1の意味で恵与えるものそのものを「施し」と言ったりもするので、併せて覚えておいてみてください。

多くの意味を持つ言葉なので、使い分けられるようにきちんと整理してみましょう。

施すの使い方・例文

  • 手の施しようがない
  • 手術を施す

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ