「嫌味」の意味とは?意味や使い方を解説!

「嫌味」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「嫌味」について解説します。

目次

  1. 嫌味
  2. 嫌味の意味とは
  3. 嫌味を使った文章・例

嫌味

嫌味」という言葉について解説します。

この言葉を知らないという方はいないと言えるほど、とても身近な言葉だと思います。

嫌味と聞いてパッと思いつくシーンや人物もご自身の身近なものが思い浮かぶのではないでしょうか。

同僚、友人、義母、義父、ママ友、上司などなど色々な間柄があるかと思います。

改めて意味や使い方を紹介するまでもないかもしれませんが、言葉としての意味はこうだ。ということでおさらいしてみましょう。

ここではそんな嫌味という言葉について、意味や使い方を詳しく紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

嫌味の意味とは

>

嫌味とは

  1. 人に不快な思いを与える言葉や態度。あてつけや皮肉。またそれによって不快感を与えるさま
  2. ことさら気取っていて、いやらしいさま
という意味の言葉となっています。

このように意味をみると、そうだ2の意味もあったんだと気づいた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

社会生活を送る上で色々な人もいますし、周囲や本人の状況や立場などによって同じ言葉でも嫌味に聞こえたりそうでなかったりすることはあると思います。

ただ、単純に態度や言葉が嫌味に溢れていて不快な人というのもいるので困ったところですよね。

嫌味を使った文章・例

  • 彼は二枚目ぶって嫌味な男ではあるが、全然二枚目でないことは自覚していないのだろうか。
  • 嫌味を言わないと死ぬのか?と思うほど口が悪いパートのおばさんが昨日店を辞めた。みんなでバンザイした。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ