「恐れ入ります」とは?意味や使い方を解説します!

「恐れ入ります」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「恐れ入ります」について解説します。

目次

  1. 恐れ入ります
  2. 恐れ入ります(おそれいります)の意味とは
  3. 恐れ入りますの使い方・例文

恐れ入ります

恐れ入ります」という言葉について解説します。

社会人生活を送っていくうえでみなさんもこの「恐れ入ります」という言葉はかなり身近なものかと思います。

業種を問わず誰しもがこの言葉をかなりの頻度で使っているのではないでしょうか。

上司に褒められれば「恐れ入ります」お客さんに何かしてもらえば「恐れ入ります」誰かに何かをゆずってもらえば「恐れ入ります」

変化バージョンで「恐縮です」なんて言葉もありますし、また「恐れ入りますが」と使えば逆に要求する際に使えたりもします。

このようにシーンを問わず使えてかなり便利な言葉といった側面もありますが、よく使う言葉だからこそきちんとした意味や使い方を押さえておきたいところです。

ということで、ここではそんな「恐れ入ります」という言葉について、意味や使い方を詳しく紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

恐れ入ります(おそれいります)の意味とは

>

恐れ入ります(読み方・おそれいります)とは「目上などの人間に対して感謝、恐縮、申し訳なさなどの気持ちを表す言い回し」という意味の言葉です。

意味からも分かるように「感謝」「恐縮」「申し訳なさ」など幅広い意味をもっているので、使えるシーンも沢山あります。

恐れ入りますが、〇〇。と使った場合は、恐縮もしくは申し訳なさを表しながらこちらの望みを伝えるという意味になります。

目上の人やお客さんなどに対して使う言葉ですので友人や家族に使うのはふさわしくない言葉と言えるでしょう。

この言葉がさらっと口から出るようになれば、ほとんどのビジネスシーンをやり過ごすことができるかもしれません。

恐れ入りますの使い方・例文

  • 他のお客様のご迷惑となりますので、恐れ入りますがあちらが出口となっております。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ