「顕彰」とは?意味や使い方を解説します!

「顕彰」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「顕彰」について解説します。

目次

  1. 顕彰
  2. 顕彰(けんしょう)の意味とは
  3. 顕彰の使い方・例文

顕彰

顕彰」という言葉について解説します。

「長年の功労を顕彰する」「〇〇顕彰記念碑」といった使われ方をするこの言葉。

みなさんはこの顕彰という言葉を見聞きしたことはあるでしょうか。

どこかで聞いた気がする。という方には、よく似た言葉として「表彰」がありますが、そう言われるとなんとなくイメージが出てくるかもしれません。

ということで、ここではそんな「顕彰」という言葉について、意味や読み方・使い方を詳しく紹介していきます。

また、表彰との違いにも触れていきたいと思います。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

顕彰(けんしょう)の意味とは

>

顕彰(読み方・けんしょう)とは「隠れた善行や功績などを広く知らせること。広く世間に知らせて表彰すること」という意味の言葉です。

ということで、「長年の功労を顕彰する」といった場合、「長年の功労を広く知らせ称える」という意味になります。

イメージ的に表彰が一般的な言い方、顕彰は堅い言い方という感じがしますが、これにも使い分けがあるようです。

表彰と顕彰

ほとんど同じ意味を持つ表彰と顕彰ですが、その違いについて説明します。

表彰が広く善行や功労、優秀な成績などを褒めたたえることをいうことに対して、顕彰は特に隠れた功績などを世間に明らかにし、褒めたたえることを言います。

意味にもある通り、知られていない功績を知らしめる。という意味合いが強い言葉となっています。

また、顕彰は故人に対して使われることも多い言葉なので、イメージ的に堅い言葉となっているのかもしれません。

顕彰の使い方・例文

  • 祖父の苦労と功績を顕彰という形で世間に知ってもらったことは、天国のおじいちゃんも喜んでいると思う。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ